Book
Leave a comment

窓を開けることと、ぼくの朝 “あさになったのでまどをあけますよ”

asa-mado01

「あさになったのでまどをあけますよ」荒井 良二 (著, イラスト)



「あさになったので まどをあけますよ」

「ぼくは ここがすき」

この、たった2つの言葉だけで作られた絵本です。

世界中それぞれの場所で、朝を迎えた子どもたちの言葉と光景と共に語られる、このたった2つの言葉。

でももし、この絵本を手に取る事があるならば、たったそれだけの言葉が、読みながらも読み終えた後も、きっと心地の良い幸福感と開放感を与えてくれる事になるだろうと思います。

asa-mado02

真新しい、朝の透明な空気感と、気持ちの新鮮さ。

新しい一日への期待。

朝っていいなあ。

窓を開けることって気持ちがいいなあ。

世界中の子どもたちの目に映る、朝の光景を通じて、そんな毎日の朝の素晴らしさに気づく、絵本です。




そして、何より自分が素敵だと思う事。

それは「ぼくは ここがすき」という、もう2つ目のメッセージです。

自分が暮らす街、山、川、海。

それらをひとつひとつ数え上げたうえで、「だから、ここがすき」と言い切る事ができることの素晴らしさ。

毎日がやってきて、いつもの風景があることの、素直なよろこび。

そんな普遍的なよろこびが、「朝」「窓」「風景」という、たった3つの要素だけでここまで高められている事のすばらしさ。

ぜひ、手に取って、ゆっくりと味わってみていただきたいと思う絵本です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です