Design
Leave a comment

針でなくカタチで時を表す。再解釈されたミニマルな腕時計 “3ANGLE”

ロンドン在住のイラン人デザイナー Rasam Rostami 氏によるAndroid Wearアプリ。

数字と針でなく、トライアングルの図形を用い、それが移り変わる様で時を表わそうという腕時計へのリデザインです。

3Angle Watch Face from Rasam Rostami on Vimeo.


分と秒の場合は、5分ごとと5秒ごとに1つのメモリは移動し、時間の場合は1時間ごとで1つのメモリが移動していきます。
その点を結ぶことで形成されるトライアングルのカタチから、時を視覚的に示そうという考え方です。

3angle_watch2
さらに背景やトライアングルの色は設定で変えることができ、アプリとしての特性が活かされるカラフルな展開がなされています。

2a57bb8594abca664af6b86a962fc6b9
「情報(数字)と、位置(針)でなく、トライアングル(カタチ・面積)の移り変わりで時を表わす」という、より情報が削ぎ落とされ、非言語的で視覚的、かつ有機的な新たな時計ルールの提案。
それが時計としてギリギリ成立できるレベルで着地している点に、このプロダクトの美しさがあると思います。

3Angle Watch Face (Google Play)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です