Inspiration
Leave a comment

窓の外から人を切り取る。その視線にあるもの “Gail Albert Halaban – Out My Window”

それぞれ異なる人の生活が世界にはあり、そしてそこでは人がそれぞれ確かに生きている、ということ。

人へのまなざしが伝える事の本質とは、そのようなメッセージでないか?と思います。

それを顕著に感じる表現が、この「窓の外からのまなざし」というものです。

「見守る」というキーワードや、人のちがいへのフラットな視線が、この一連写真を通じ、浮かび上がってきます。

人の多様性を許容し、切り取る。

普遍性あるまなざしが、そこから感じられないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です