Inspiration
Leave a comment

ペットボトルをスタジアムベンチへ変える関わり方 “Coca-Cola – Assentos PET”

2014年にブラジルで開催される、FIFAワールドカップ。

スポーツイベントとしては、世界最高レベルとなるこのイベントに対し、企業として、さらには環境というテーマからはどう関わって行くべきなのか?

その問いに答える、Coca-Colaからの試みが、「ペットボトルをリサイクルすることで、スタジアムのベンチを作る」というプロジェクトです。

600mlのコカ・コーラのペットボトルを100本収集し、リサイクルすると、座席1つ作る事ができる。

皆でリサイクルをし、マラカナスタジアムでは6,700席の座席を作っていこう、という目標を掲げ、プロジェクトとして呼びかけています。

イベントへの協賛に対して、従来の考え方とは全く異なる関わり方。

特にワールドカップが開催され、その背景を知った後では、Coca-Cola というブランドへ対し、大きく意識が変容するストーリーになるのでないかと思います。

そのブランドだからこそ出来る、イベントへの寄与の仕方。

その本質を示しながら、大きなスケールを持った、FIFA、観客、イベント、資源、それぞれに寄与するブランディング活動。

Coca-Colaという企業だからこそできる、素晴らしい着目と試みと思います。

Coca-Cola | Assentos PET


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です