Inspiration
Leave a comment

「真っ当」であるがゆえの「置き換え」の強さ “媽媽監督核電廠聯盟”

taiwan-tvcm

台湾の民間団体「媽媽監督核電廠聯盟」による、脱原発を伝えるTVCMです。

良いものを子供に残す、悪いものは自分が受け取る、それが母親。

悪いものを後世に残す、良いものは自分が受け取る、それが原発。

子どもの未来に、国民投票は必要ない。

媽媽監督核電廠聯盟

「原発」と「未来」とを、「母親」と「子ども」という普遍的な関係に置き換える。

その置き換えが示すのは、「何を、自分たちは、子どもたちの未来へ残すのか?」という強烈な問いかけです。

伝えたい真っ当な事に、正面から向き合う事でしか生まれでない表現と強さ。

多くの人に伝えたいからこそ、奇をてらうものでない、シンプルな置き換え。

これはその気概の強さゆえに、生まれでる表現だと思います。

この意思の強さ、危機感、今自分たち日本人も同様に持てていると言えるだろうか?

それを問う、我々にとっては素通りできないTVCMでもあるとすら思えます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です