Inspiration
Leave a comment

知らないことが、むしろ見た事のない世界を生むこともある

「Beautiful African Woman Plays Guitar In A Slightly Non-Traditional Manner AMAZING」

と題された、奇跡とすら感じられるギターの演奏を。

まずは「型」を徹底的に観察し、真似て、学ぶ、ということ。

それがその後に「型」を破る粋へとつながる。または、より自由な表現へ逆に解放することにつながっていく、ということ。

そういった芸事のにおける、学びと成長の在り方が一つの真理であるならば、これも一つの真理と言えるんだろうと思います。

つまり、その「型」なるものに対し無知であるからこそ、全く異なる文脈で、全く見た事のない、何かが生まれてくる事だってある、ということ。

そして、その「型」から全く外れているがゆえに、その「型」へ既知なわれわれにとっては、むしろ圧倒的な開放感や美しさをそこに感じて惹き付けられてしまう、という真理です。

こういった光景に触れると、気持ちがすごく軽やかになりますね。

単に演奏が素晴らしいというだけでなく、人がそもそも持っている解釈の多様性に、自分たちは感動を覚えるのだろうと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です