Inspiration
Leave a comment

[意識を変える] > 日常の「指差し」行為に、異なる意味を与える事で笑顔にしてしまう “The New York Subway Signs Experiment”

ニューヨークには468もの駅があるそうです。
そして乗務員は、駅構内に掛けられた黒と白のプレートをチェックし、指差し確認を行う、という運用ルールがあるようです。

この日々見かけるルーティンな指差し行為。
この行為を何か笑顔に変える事はできないか?という発想が発端となって生まれたのが、このプロジェクト。

ポイントは「指を指す」という行為にある、「指差し確認とは異なる意味=選ぶという意味」を加え、コミュニケーションを発生させている点です。



メッセージボードを持ち、そこに立ってしまえば、必ず指差し行為は行われる。
・指差しによる「確認」行為
・指差しによる「選び、コミュニケーションする」行為
二重の意味を持たせてしまったところが面白いですよね。とんちが効いていながら、でも罪がなくって。

ちなみに、メッセージボードの内容はこんな感じです。

・POINT HERE IF(もし合ってたら、指さしてね!)
 ↓
・You are dead sexy(あなたは超セクシーだ)
・You have seen a passenger naked(裸のお客って見た?)
・You are not wearing pants(あなたはパンツを履いてない)
・You have taken a selfie while driving(あなたは運転中、自分撮りする?)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です