Service
Leave a comment

その商品の疑似体験をGoogle Maps上で実現する “LEGO – Build with chrome”

LEGO AustraliaとGoogle cromeによる、ユニークなサービスコラボレーション企画を。

LEGOという商品が持つ、本質的な魅力。

一言で言い切れる事は難しいですが、「作る楽しさ」と「作り上げたときの達成感、満足感」。

この2つは非常に大きなファクターであろうと思います。

それを、いかに低関与な方々へ、その魅力を伝える事ができるか?

やはり「作る体験の楽しさそのもの」を提供するこそが、一番の近道である事が予想されます。

しかしあらゆる人々へLEGOを送る訳にもいかない。

あくまで事前の疑似体験としてあるべきでしょう。

そこで、LEGOがGoogleと組んで、ネット上で行った企画が、「Googe Maps上の土地に対し、LEGOで作った建築物が、仮想として反映される」という疑似体験と適度なリアリティの提供です。

実際にGoogle Map上のオーストラリアとニュージーランドがフィールドとなり、その土地へ建てる事ができるという点。

この「あくまで既存のWebサービス上で展開する」という視点こそ、この企画の秀逸さがあると思います。

もし完全にクローズドな架空の世界で、架空のLEGOを作るという企画では、あまりに「つくりもの感」が強く、LEGOの体験の質としてはかなり低くなる事が予想されます。

ここで作るLEGOは、仮想なものな訳ですから、フィードバックされる世界には最低限リアリティを与えないと、体験として弱くなる。明らかな事だと思います。

そこへ、Googleとコラボレーションするという事で、リアリティを与えていく、という回答。

ダイナミックな、でもネット上で展開するうえでは極めて地に足のついた発想であると思います。

もちろんこの企画は、日本からでも参加可能です。

build with chrome


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です