Service
Leave a comment

5秒間の制約条件を逆利用する “5 Seconds”

Youtubeで、映像が流れる前に掲載される、5秒間のプレ広告。

Skipされがちなこの5秒間の制約条件を、どう効果的に転換していくか?

その広告表現における、一つのアイデアを。

チリの環境省による、啓蒙メッセージを伝える5秒活用のプレ広告です。

“5 Seconds” – You Tube Pre Roll (English version) from MAYODIGITAL on Vimeo.

「水道」を出しっ放しにする習慣を変えると、どんな効果があるのか?

「電気」を付けっぱなしにする習慣を変えると、どんな効果があるのか?

それらの効果を伝え、Yputubeの“Skip Ad”ボタンと類似する“Skip Behavior”ボタンを設置。

その詳細をWebサイトで案内する、というものです。

ここでは、5秒間の間では問いも答えも示さず、「カウントダウン」によって、内容を知りたくさせる使い方をしている点が、引きつけ方として面白いと思います。

今存在する5秒間の広告が、メッセージ伝達に偏っている事から、あえて逆の選択をするというアプローチ。

逆の方向へ行くことで、結果的に人を引きつけるものにしていく、という考え方。

一つのお手本のような発想だと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です