Service
Leave a comment

プロダクトとデジタルはどう今後連携していくか?その一つの回答 “Evernote スマートノートブック by Moleskine”

MoleskineとEvernoteがコラボレーションして開発&発表された、「Evernote スマートノートブック by Moleskine」。

このプロダクト&サービスの発想は、「今後どうプロダクトとデジタルとが連携していくべきなのか?」への、一つのあり方として回答を示すものだと思います。

一言でその概要を示すなら、

デジタルはデジタル。プロダクトはプロダクト。

と区分けし、それぞれを「点」として開発するのでなく、

プロダクトそのものを、デジタルフォーマット用に最適化してしまう。

アプリも、プロダクト用に最適化してしまう。

それによって、「線」で結び、連携を強め横断していく。


という一つの未来像です。

スケッチをデジタル化して、Evernoteに取り込むためにデザインされた、アプリ連携用のノートブック。

それを、Evernoteアプリ「Evernote for iOS」を使い、デジタル化したいノートブックのページを撮影。

すると、デジタル化された内容がEvernoteに保存され、アプリ上で閲覧することができます。

さらに、手書き文字認識による検索やタグ付けによって整理され、スムーズに閲覧できるという仕組みです。

プロダクト側(=Moleskine側)では、より鮮明なイメージでデジタル化&取り込めるよう、特別な点線をデジタル用に用意、最適化を。

そして、アプリ側(=Evernote側)では、ページカメラ機能で、傾き補正やコントラストの自動調整を行い、補正の最適化を。

と、それぞれ寄り添う為の最適化がなされています。

さらにユニークな点が、付属のスマートステッカー。

この極めてアナログな方法により、よりスマートなタグ付け機能が可能になる、という点です。

プロダクト側、アプリ側。

それぞれがコラボレーションにより、それぞれ最適化する事で、連携を加速させる。

現時点おける現実的かつ、一つの未来の方向性を示す試みだと思います。

本商品は、2012年10月1日に出荷予定。 オンライン上で予約できます。

Evernote スマートノートブック by Moleskine


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です