Service
Leave a comment

[価値を作る] > こうあったらいいという、ファンタジー発想に従う “A BRIDGE IN PARIS”

「橋」に対する価値観を、全く異なるものにしてしまう、あまりに新たな方向性を与える素敵なコンセプトを。

建築事務所「AZC」による、「A Bridge in Paris」と題された、橋をトランポリンにしてしまう、というアイデアです。

3つのリング状の巨大なトランポリンそのものが橋になっており、まるでセーヌ川を跳ねながら渡って行くような体験が楽しめる、というものです。

「橋を渡る」というだけの行為から、「跳ねるように、川の上を渡り、遊ぼう」という提案。

ファンタージのような発想の転換だと思います。

誰しもが引きつけられてしまう、そして誰もが一度は思った事があるような夢想とわくわくさを持つ、コンセプトではないでしょうか。

「発想って、そもそももっと素直で遊んでいいものなんだ」と思い返される、企画において最も大切なものが含まれた、夢の詰まった提案です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です