Service
comment 1

エネルギーを変換するという再利用軸プロダクト “BioLite”

アウトドア・メーカーのモンベル (mont-bell) より、面白いプロダクトが国内発売されました。

たき火の熱を、電気に変換。

それによって、たとえばiPhoneなどが充電できる、というコンセプトの小型ストーブ「BioLite キャンプストーブ」です。

起こされた火の熱から温度差を電気へと変換する「熱発電モジュール」を内蔵。

そこで発生した電力で、ファンを回すことでストーブ内に風を送り、火力を保つ。

さらに、余った電気は付属のUSBポートへ送られ、iPhoneなどのモバイル機器を充電することができる、というものだそうです。

普通に考えると、いやそこまでしなくても、、と思う付加価値な気が一見します。

が、キャンプへ言ったら、電力供給に困るシーンも多くあるという推測は、利用者のシチュエーションとして的を得ている気がします。

なにより、「エネルギーを変換する事で、有効に活用していこう」という、サステナビリティへ軸を置いたプロダクトである点、ここにその意義を感じます。

循環するシステムとして正しい、とでも言いましょうか。

こういったプロダクトが一般市場に出てくる事が象徴すること、について感じ入るトピックです。

BioLiteキャンプストーブ(モンベル・オンラインストア)


1 Comment

  1. Pingback: Present POST “Products & Servicies” of the Year 2012 « PRESENT POST

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です