Service
Leave a comment

[価値を変える] > そこにある本当の用途を見つけ、広げる “Casa Mariol – Wine Ink”

Casa Mariol - Wine Ink

ポーランドのワイナリー “Casa Mariol” による、面白い組み合わせのアイデアを。

彼らが取り扱うワインを、「インク」として新たに開発。

かつ専用のペンまで制作し、バイヤーへプレゼント。

このペンを使うだけで、ワインの香りがほのかに漂ってくる、というものです。

Casa Mariol – Wine Ink from Casa Mariol Polonia on Vimeo.

「ワイン」と「インク」とを組み合わせる。

その発想のみならず、実現までしてしまうところが凄いですね。

確かに、万年筆のインクから香りが漂ってくる、という発想そのものもロマンティックなものに思えます。

そのインクで綴った手紙を封じる事で、相手が開いた時、かすかな香りも届ける、なんてことになりそうですし。

このアイデアは、ワインを「飲む」でなく「味わう」という価値の本質へ目を向けたときに、初めてヒントとして生まれ出る類いのものでないか?と思います。

そういった、本質の価値を見つける&新たに想像する、といった事を伝えてくれるアイデアであるような気さえします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です