Service
Leave a comment

むしろ黒に染めてしまう事で服を再生する “PANDA BLACK -REWEAR PROJECT 2013-“

今日も、日本では多くの服が捨てられています。
自分も定期的に、整理し捨てています。

が、日本における服のリサイクル率とは、20%と世界中と比較しても低い状況であり、さらには捨てられる服のほとんどがまだ着られる服だったりもしているのが実情だったりもします。

この自分の身の回りにある、一見着られなくなった服たち。
それらへ、いかにより気軽で、再利用してみたいと思える仕組みを用意できるか?

この命題に対する回答として、極めて現実的で、何重にも意義を含みながらも、コンセプトは超シンプルで分かりやすい、という理想的な在り方を象徴するプロジェクトが、このWWFジャパンによる、衣服のリサイクルプロジェクト「PANDA BLACK -REWEAR PROJECT 2013-」でないかと思います。

PANDA BLACK -REWEAR PROJECT 2013-

PANDA BLACK01

WWFパンダロゴが象徴する「黒」。

そこに着目し、「いっそ服を黒に染め直してしまえば、新品のように再生され、もう一度着る事もできる」という発想へジャンプし、服をもう一度着る「REWEAR」という思想を伝える手段として機能させていく。

そのうえで、黒に染めるにあたっては、京都の黒染めの老舗「京都紋付」とコラボレーションする事で、大切にもう一度着直すうえでの品質そのものはきちんと担保していく。
さらには、黒紋付を染める日本の伝統技術である、黒染めそのものへの価値も改めて見直してもらうきっかけを提供していく。

そして、染め替えの注文に応じ、WWFジャパンに対して寄付が行われる仕組みを与える。

と、一見シンプルなアイデアの中へ、何重にも意義と提案が複合されたこの企画。
10月26日、本日から明治神宮外苑で行われているデザインイベント「東京デザイナーズウィーク2013」でも出店され、申込を受けつけているそうです。

何か応援したくなる類いのプロジェクトですよね。とても素敵です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です